本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2月19日 つくし組、英語村に行ってきました!

2020-02-19
英語村へ出発に向けて、英語のやり取りをたくさん練習してきた年長児。晴天にも恵まれ、全員で元気に行ってくることができました。バスの中では、英語で自己紹介や英語の歌を歌いながら、和やかに過ごしていました。英語村は、どんなところか期待したり、少し緊張していた子もいましたが、到着すると、建物を見て「大きいね」、「木をいっぱい使ってるね」など、初めて目にするものに感動している子もいました。
 
英語村の先生方に温かく出迎えていただき、まずは、村長さんの話を聞いてから、先生に英語村での約束を教えもらい、いよいよスタートです。園でも馴染みのある英語の歌が流れると、緊張していた子も少し心と体をほぐせた様子でした。それから、部屋の後方で一つの輪になり、手拍子に合わせて順番に英語で10まで数えていくと、戸惑って言えなくなってしまう子もいましたが、みんなで協力して最後までつなげることができました。
 
次に、2グループに分かれて、空港での入国審査のやり取りをしました。練習通りにやり取りを終え、パスポートを出してスタンプを押してもらうと、ほっとした様子が見られました。さらに、〝What do you like~?”と追加の質問されると、ほとんどの子が好みのものだったからか〝No”とは言わずに、〝Yes,I do.”と答えられました。
その後、買い物体験の時間になりました。英語村で使用できるお金を、1人10ドルずつ渡してもらうと、お店では、いろいろな品物から、何を買おうか選ぶのを迷っていた子もいましたが、〝How much is this?″と店員役の先生に尋ね買い物できました。また、ハンバーガーショップでは、実際のお店のような雰囲気を味わうことができ、ワクワクしながら嬉しそうにやり取りしていました。すべての活動を終え、一人一人に修了証をいただきました。
 
お昼の時間になると、頑張った後のお弁当は一段とおいしかったようで、みんなあっという間に完食していました。英語村の先生方に優しく関わっていただき、楽しい時間はあっという間に過ぎ、おかげさまで、子どもたちは安心して様々な体験ができました。終わりの頃、先生方におんぶしてもらう子もいたほど、お別れすることにちょっぴりさみしさを感じながら、敷島公園へ移動しました。
公園に着くと、ツリーハウスのはしごを慎重に登ったり、アスレチックロープや、大型すべり台でみんな一緒に思いきり体を動かしていました。普段遊んだことのない遊具が新鮮で遊び足りない様子でしたが、バスに乗る前に、松ぼっくりを袋いっぱいに拾って満足そうでした。
年長児にとって、ネイティブ英語に触れ、充実した体験や楽しい思い出がたくさんできた1日となりました。

 2月8日   保護者参観

2020-02-08
2月8日土曜日保護者参観が行われました。それぞれの年齢にあった活動を見て頂いたり参加していただきました。1年間の成長を見て頂けたでしょうか。これからも子ども達のがんばっている姿を暖かく見守って頂けたらと願います。

保護者参観 ~初めてのミニサイエンスショー!~ 評価と反省。

保護者参観の一環として、巨大なロケットを作って飛ばす特別企画を保護者の皆様に呼び掛けたところ、20名近くの方が集まって下さいました。
たくさん集まっていただいたので作業も早く、小型のロケットもたくさん作れました!
 
小・中・大と、それぞれのロケット準備ができたところでロケットを膨らますリハーサル。
大型ロケットはたくさんの空気を送り込まなければなりません。でも、お父さんたちが走ってくれると膨らみそうです。
 
そして本番。子ども達に3種類のロケットを見せ、膨らますところから見せます。小さいロケットは予め膨らませておきました。
まずは中型と大型に息でふーっとしてもらいますが…、膨らみません。
次は、口を大きく広げて揺らして空気を送ります。中型は息でふっふっと補助しながら空気を送ってもらうと見事に膨らみました!
最後に、大型にはもっと空気を送り込むために、お父さんたちに走ってもらい素早口をキュッと絞ってもらうと、大型も立派に膨らみました!
とりあえず、膨らませ実験は大成功です。
 
いよいよ飛ばしてみる時間です。このころには、子ども達のテンションはかなり高くなっていました。
まずは、たくさん作っていただいた小型ロケットを一斉に飛ばしました。それぞれが、なかなかよく飛んでいましたね。
そして、次はいよいよ小型・中型・大型を一斉に飛ばして比べっこをします。
どれが一番飛ぶのかな、という問いかけが耳に入らないくらい子ども達のテンションが高くなっていたように感じました汗
そして、カウントダウンで発射!
…うーん、中型・大型はあまり飛距離が伸びない結果となりました。
 
でも、それでいいのです。子ども達にはその先を考えるきっかけにしてほしいのです。
「どうしたらもっと飛ぶかな?何か考えてくれたらロケットを貸しますよ~」と呼び掛けて、賑やかなミニサイエンスショーは終了しました。
 
初めての試みでたくさんの反省や改善が見つかりましたが、ロケットを見る子ども達の目が好奇心でキラキラしているのが印象的でした。また、保護者の方も積極的にご協力頂けるのをとても温かく感じました。
これからも、子ども達のキラキラを引き出せるように、ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
 

交通安全教室

2020-02-05
2月4日(火) 富岡警察署・交通安全協会の方々による交通安全教室を開催しました。園児全員と子育て支援のお友達が参加しました。交通課のおまわりさんとマモルからたくさんの交通ルールを学びました。年長児のつくし組は横断歩道の渡り方の練習を行いました。しっかりと手を上げ、合図をし右左右を確認し横断歩道を渡る、渡り終わったら「ありがとう」の気持ちをこめて、礼をする。つくし組のお友達は4月から1年生です、今日教わったことをしっかりと守って交通事故に絶対に合わないようにしましょう赤いびっくりマーク
 

年長児と小野小5年生の交流会!

2020-01-30
1月30日(木)かるた大会終了後、10時30分に、5年生が来園し、つくし組の園児とたくさん遊んで下さいました。
5年生の丁寧な挨拶から始まり初めは緊張していましたが、自己紹介をし、少しずつ打ち解けて、5年生みんなが親切で、魚釣り、もぐら叩き、動くおもちゃ etc.たくさん作ってきてくれて楽しく遊べました。1年生になるのがますます楽しみになったようです。2つのハート
幼保連携型認定こども園
おのすみれ
〒370-2311
群馬県富岡市下高尾1222-1
TEL.0274-62-1530
FAX.0274-62-6639
認定こども園運営(子育て支援集いの広場事業実施)、一時預かり事業
 
TOPへ戻る