本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

交通訓練と運動遊び

2021-10-04
 土曜日の運動会はお天気に恵まれ、青空のもと伸び伸びと行うことができました。
 小さい子はおうちの人と離れて少し泣くことがあっても、集団の中で過ごす姿が見て頂けたことと思います。入園当初よりも運動面はもちろん、気持ちの面でも成長しているところをお目に掛けることができました。
 3歳以上児の子ども達は子ども達が関心を持って競技に参加し、協力したり競ったりする姿を見て頂くことができました。年長児のリレーは急遽2回戦が行われ、1回目の緊張や失敗をリカバーして勝負できたように感じます。子ども達の中でも頑張った、一生懸命走った、というよい思い出や経験として胸に残ることと思います。当日の写真が今日はアップできませんでしたが、今週中には少しお披露目させて頂く予定です。

 さて、運動会を終えて今日は避難訓練と運動遊び。みんなで伸び伸びと戸外で過ごしました。3歳以上児は園庭の外の信号で練習。ちゅうりっぷ組とたんぽぽ組は園庭に描かれた横断歩道で渡る練習をしましたよ。信号代わりの色紙が青になったら手を挙げて渡って。あっ、バス(たんぽぽのベビーカー)が通りますよ、止まってまっていて。だんだん交通ルールを覚えましょうね。
 自由に遊ぶ姿も何枚か撮りましたが、この間までひまわりがつなげて遊んでいた三輪車を今日はちゅうりっぷ組の子ども達がつなげて遊んでいました。少しずつお友達を意識した遊びになってきているようです。たんぽぽ組の子は、よちよちあるきだった子も行動範囲が広くなり、自分で遊びたいすべり台まで歩いていけるようになっていました。ぞうさん滑り台、したかったんだね。

白熱!運動会リハーサル

2021-09-29
 運動会のリハーサルを行いました。本番用の用具等を全て使用し、不都合や不具合がないか確認する機会でもあります。たんぽぽ組以外は体操服で登園し、子ども達は気分も盛り上がったかな。万国旗や音楽、声援などにワクワクしてほしいです。
 たんぽぽ組さんは、いつも練習用で練習していたところ、本番用のちょっと違うのが出てきて興味津々。紐を2本引いていた子もいて素直な好奇心にほっこりさせられる場面もありました。
 大きい子たちは、どんどん勝負に力が入ってきているようです。勝負の後、年少のひまわり組さんと年長のつくし組さんでは負けた後でも気持ちの切り替えが違うように感じます。2年で精神的にも我慢強く、たくましく成長してくれているようです。それでも、年長とはいえ負ければ悔しい。その気持ちを受け止め、精一杯励ましています。おうちの方も、勝っても負けても当日は頑張った姿を見て応援して頂き、その過程でどこがよかったか子ども達に伝えてほめて下さいね。

9月の誕生日会

2021-09-29
 火曜日は9月の誕生児を祝う誕生日会でした。9人の誕生児、在籍園児の1割は9月に生まれさんです。みんなの前で名前や大きくなったら何になりたいかなど、大きい子は話すことができました。小さい子は先生に紹介してもらいました。子ども達の将来の夢を聞くのはとても楽しいです。「けいさつかん」などの憧れの職業のほかに「やきそばや!」という子がいて想像が膨らみました。ママの作る焼きそばが美味しいのかな?それとも、お祭りの屋台を見て、鉄板でジュージュー焼きそばをやく人がかっこよくて憧れたかな?それぞれ時期に興味を惹かれるものを大切にしてほしいです。
 余興では担当の先生による「色水マジックショー」です。先生が3原色と白い水が入ったペットボトルを取り出し、「混ぜるとどんな色になるかな?」と質問。すかさず「ピンク!」「みどり!」などの声が飛びます。さすが、絵具を使っている年長さん。色を混ぜると違う色が作れること知っているね。先生が混ぜると、コップにきれいな中間色の色水ができました。
 次に、できた色水に先生が何やら透明な水を混ぜると………どうしたことでしょう、水がもとの青や赤に戻ってしまいました!不思議なマジックに、子ども達は驚いてくれたようです。

ひまわり組とちゅうりっぷ組運動会練習風景

2021-09-28
 ひまわり組の練習風景です。競技は2つ、「ゴールを目指してレッツゴー」と「Sit Down, Dinosaur!」です。
 1番目の種目は純粋なかけっこで、トラックを使ってルールに則り速さを競います。競争心が芽生えているようで勝ちたい!という気持ちでゴールを目指す姿が見られます。勝ったり負けたりしながら、走る姿がどんどん洗練されてゆく子もいて驚かされます。スタートやコーナリングが3歳で情巣になるものです。そんなところも見どころですよ。
 2つ目は、英語遊びとの領域横断活動です。冒険者になった子ども達が沼をジャンプや橋で渡ったさきに恐竜がいるのです!でも”Sit down.”で共有はおとなしく座ってくれます。そのすきにすり抜けて岩を拾い、最後はストライダーでゴール。
 3歳の子は本当にかわいくて、始めはコースに現れたティラノザウルスを本気で怖がり、保育者に抱き着いたり超大回りでよけたりする子もいました。心は真の冒険者です。みんなの冒険、ぜひ応援して下さい。
ナイス パプリカ!
 ちゅうりっぷ組はまずは元気に走る姿を見てもらえる「ジャイアンとおいかけっこ」。足がしっかりしてきて、月齢の低い子も走りが安定してきていると感じます。時々逆回りしてしまうことぶつかったり…そんな経験をしながら、同じ方向のほうが転ばないことも覚えてゆくのでしょうね。
 2つ目は「ヘイ!ポストマン」。手紙を運ぶというミッションを遂行しますよ。ジャンプのあとにブロックの小山を越え、配達先の家についたら「お手紙どうぞ~」。楽しそうに手紙を運んでいました。

年長児の和太鼓お披露目

2021-09-27
 月曜日、年長児がひまわり・さくら組の子ども達の前で和太鼓演奏のお披露目をしてくれました。
 和太鼓の迫力に慣れていないひまわり組の子ども達は、太鼓から響く大きな音に始めはびっくりしていましたが、演奏が終わったときには誰かの「すごいね」という自然な呟きに変わっていました。
 今年の年長児は人数も多いせいか音がよく響いていました。(ご近所のかた、音が大きすぎたらごめんなさい。普段はカバーをして練習しています。)コロナ禍で発表の機会も少なく、改まって発表するのも初めてだったでしょう。和太鼓を叩く子ども達の嬉しそうな顔が本当に印象的でした。中には赤ちゃんのクラスで入園し、その頃から太鼓が大好きだった子もいます。ブロックで太鼓を真似て叩いて喜んでいた○○ちゃんが、今は本物のバチと革張りの和太鼓をみんなと一緒に堂々と叩く姿に胸が熱くなりました。
 皆様、ぜひぜひ楽しみにしていて下さい。子ども達の今の姿を胸に焼き付けて頂きたい…
幼保連携型認定こども園
おのすみれ
〒370-2311
群馬県富岡市下高尾1222-1
TEL.0274-62-1530
FAX.0274-62-6639
認定こども園運営(子育て支援集いの広場事業実施)、一時預かり事業
 
TOPへ戻る