本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ウッドデッキ改修工事開始!

2018-11-13
1階ウッドデッキの改修工事が始まりました。
 しばらくの間、全園児正面玄関から出入りしていただくようになります。入り口が変わり不安に感じる子もいたようですが、お部屋でいつもの先生達の顔を見つけると安心してくれたようです。
外遊びも工事期間中はにじいろひろばに行きます。職員が必ず道路は引率しますので、登園が遅くなった方は必ず近くの職員か事務室に声をかけて下さいね。
 安全に気をつけて過ごしながら、素敵なテラスの出来上がりを園児と一緒に楽しみに待ちたいと思います。

運動遊び

2018-11-12
11月12日、子供たちが、毎月楽しみにしている城田先生による運動遊びが行われました。まず最初に、「ラジオ体操」が全身運動に一番良いとのことで、みんなで体操しました。その後歌に合わせて手足の体操も取り入れた準備体操を行い、ピンポン玉をついたり、紙皿でついたり、壁に向かって飛ばして取ったり、二人組になってバウンドで取ったりした。小さなピンポン玉は、いろいろな所に飛んでいってしまい、夢中になって追いかけている姿も微笑ましく感じた時間でした。子供たちたくさん動いてとても楽しかったようで満足顔で終わりました。来月も楽しみですねー。(^。^)

「和太鼓の集い」開催!

2018-11-12
ママサークル
年長児
職 員
 11月10日(土)、園のすみれほーるで和太鼓の集いを開催しました。保護者や地域の方などを主賓に迎え、和太鼓演奏を間近で聞いて頂く機会を年に一度設けています。
 
 トップバッターは職員。曲太鼓で「ダンシング・クイーン」と「情熱大陸」の2曲を披露。園児の降園後などに練習を行い、この日を迎えたのですが出来栄えはどうだったでしょうか?写真は隊形移動で千手観音に挑戦した部分です。
 
 2番手はママサークル。月に一度の練習で仕上げたとは思えない迫力ある演奏は圧巻でした。3曲をクールな掛け声をちりばめながらの演奏で、とにかくかっこいい!!息の合った演奏に聴き入ってしまいました。
 
 トリは我らが年長児、つくし組の子ども達。春から練習を重ね大舞台を経験するごとに成長してきた子ども達。今回の演奏はそれぞれがバッチリ覚えた振りを、迷いのない顔で演奏していました。演奏は何度も見ているはずなのに、堂々とした表情で息を合わせて演奏する子ども達にまた胸が熱くなるのを覚えました…
 
 和太鼓の生演奏を間近で聴くと本当に迫力があります。今後も年に一度開催予定ですので、興味のある方はぜひ足を運んで下さい。年長児も、卒園した後も後輩の演奏を聴きに来てくださいね。
 
 

楽しかったハロウィーンウィーク♪

2018-11-09
すみれ保育園では、行事の多い10月を避け11月初旬にちょっと遅めですが英語遊びを兼ねた異文化に触れる行事としてハロウィーンを取り上げています。
 
行事の前には、各クラス製作をかねてハロウィーンパーティで使う仮装のお面や衣装を製作します。主に8つのハロウィーンのキャラクターを紹介し英語でインプットをしておきます。年長児はその中から好きなキャラクターを子どもが選んで衣装やお面を作っていました。個性的な色使いのものなど見られて楽しいです色とりどりのきらきら
 
ハロウィーンウィークになると、保育園の畑で育てたかぼちゃでクッキー作り。
まず生地を年長児が作って一晩寝かせ、翌日年中・年長児がジャコランタンの形に成形。
そして、そのクッキーがもらえるハロウィーンパーティの順で盛り上がっていきます!
クッキーの生地作りは、マーガリンを白くなるまで混ぜること、粉を混ぜたら切るようにやさしく混ぜてね、と伝えると、子ども達はその通りに頑張ってくれました。
おいしく出来そうです♪
成形では、ストローで目や鼻をくり抜き、ようじで口を描いてもOK。自由にジャコランランの顔を作ってみて、ということで個性豊かな様々な顔ができました。
ハロウィーンパーティー当日は、魔女が弟子を連れてやってきて、英語を教えてくれました。
弟子の魔女が、西の魔女の”Freeze”の魔法で固まってしまったときは大変でしたが、子どもたちが英語をうまく聞き取り魔法を解除!
ほかにも、魔女を英語で数えたり、”haunted house(お化け屋敷)”から聞こえる”〇〇 key, please.”の声に従って正しい色のカギを探し当て屋敷のドアを開けることができました
最後は、おまちかねの「トリックオアトリート」きらきらしたハート
みんな言えて、かぼちゃクッキーもらえましたよ。Thank you.もちゃんと言えたね。
 
今年も、Happyな Halloweenでした。

さつまいもをみんなで掘ったよ!

2018-10-31
秋晴れの中10月31日にさつま芋掘りをしました上に曲がる右矢印(赤)地元の佐藤さんにご指導頂いて一人ひとりシャベルを持って掘り始めましたが、思ったより土が硬くて、芋が見えているのになかなか掘れず、佐藤さんや園長先生に大きなシャベルで手伝ってもらい最後まで頑張りました。土の中から大きな大きなさつま芋を掘り出すと嬉しくて、皆大喜びでした口を広げてにっこりした顔。ミミズや赤ちゃんネズミも土の中からでてきて興味津々の子供達でした。4、5歳児が、芋を洗って泥を落とす作業をし、11月2日の焼き芋を楽しみに終了しました。
社会福祉法人育栄会 
すみれ保育園
〒370-2311
群馬県富岡市下高尾1222-1
TEL.0274-62-1530
FAX.0274-62-6639
保育所運営、子育て支援拠点事業、一時預かり事業
 
TOPへ戻る