本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「としょかんごっこ」~絵本袋をこんな風に使っています

2018-08-10
お盆前に、各クラス絵本を借りて持ち帰りました。
 
ちいさい子は先生が選んでくれた子ども達の好きな本を
年中・年長児は自分で絵本を選びました。
 
絵本を選ぶのを楽しみにしていたそうですが
お目当ての絵本は見つかったかな?
 
中には、「しんかんせんの本が借りたい」と最後まで本を探していた子がいたので
園長先生が特別な書庫から探してきてくれました。よかったねsmiley
借りた絵本は「どくしょカード」に本の名前を書いてもらいます。
 
年中・年長児は「振り返り」も大切にしていきたいので
どくしょカードに読んだ絵本の感想を記録する欄を設けました。
顔のマークに〇をつける、子ども達で記入可能なものです。
 
おうちの方も、読んだ後に
「この本どうだった?」などとぜひ感想を聞いて下さい。
会話が増え、子ども達が語彙を増やす機会にもつながります。
子ども達も気持ちを伝え、共有する喜びを感じられると思います。
 
一日少しの時間から、ぜひ一緒に絵本を楽しんでくださいね。
 

年長児和太鼓講習 3回目

2018-08-06
太鼓講習も、外部講師の桑原先生に最後の指導をして頂きました。短い期間に最後まで頑張って覚えた事を褒めて頂き、子どもたちも1日はりきって取り組めました。細かい所を丁寧に教えて頂き、また明日からみんなで力を合わせて練習に励みましょう初の発表の場、敬老会では、地域の皆さんに喜んで頂けるように頑張りましょう。     楽しみですねー(^。^)

AEDを使って心肺蘇生法の勉強をしました!

2018-07-19
7月19日冨岡消防署の方が来て下さり、園職員とすみれひろばの親子向けに心肺蘇生法を指導して下さいました。実際に行ってみると胸部圧迫のタイミングも難しかったです。いざという時にあわてないで落ち着いて行動出来るように真剣に講習が出来ました。支援の保護者からの質問では、誤飲や熱中症の対策や判断にも丁寧に説明をしてくださりありがとうございました

メダカをたくさんいただきました&カメも1匹増えました!名前は「うみ」に決定

2018-07-18
この暑さのせいか園で飼っているメダカが減ってしまって…と少し前に育栄会役員さんにお話したところ
たくさん飼っているという前理事さんからメダカをたくさんいただきました。
 
赤いメダカ、白いメダカ、鯉のような模様のメダカ、背中が光っているメダカetc.
毎日、メダカの周りは子どもたちでいっぱいです。
よーーく観察すると、お尻のあたりに卵を抱えているメダカも!!
水草に卵をうみつけるので、卵のついた水草は別の入れ物に入れ替えています。
 
こちらも毎日、子どもたちがのぞいています。
「小さーーい黒いてんてんが、動いてない?」
「動いた!」
「赤ちゃんメダカの目だよ」
などと、数ミリの小さな小さなメダカを探したりもしています。
 
子どもたちの中には、虫や生き物が大好きな子がいます。
身近な生き物を観察したり触れたりしながら、命の不思議や尊さに気付いてほしいと思います。
 
そして、同じ時期にカメももう1匹、理事長に連れられて保育園にやってきました!
2匹同居で少しおうちが狭くなりましたが、仲間がいたほうがいいのかな?
年長さんに名前を考えてもらったところ「うみ」が一番人気でした。
夏にやってきた「なつ」と、なつの新しい相棒の「うみ」。名コンビ!?
新入りのうみちゃんはすごく元気な子で
お掃除中入れられたバケツの中でもよじ登って首もノビノビ~~
……カメって首長かったんだね、とみんなで言っています。
 
保育園にやってきた新しい仲間たちをよろしくね。
みんなで大切に、かわいがってくださいね。
赤いボディの「初恋」
背中のすじが光っている「みゆき(幹之と書くらしい)」
左下のメダカは卵を持っています
なつとうみ、うみの方が少し大きい
バケツから乗り出すうみちゃん
メダカの卵が産みつけられています!

城田先生による運動遊び 7月編

2018-07-12
今月はマット運動に取り組みました。顎をひいてとんでおしりをあげるなど丁寧に教えて下さって子どもたちも盛んにチャレンジしましたがお尻を持ち上げる事は難しかったです!身体を丸くしてコロコロする経験も大事だそうです。合間には4歳児はふえの合図で走ったりマットの上に乗ったり5歳児は尻相撲をしてゲームも取り入れて下さり楽しく運動遊びが行えました!smiley
社会福祉法人育栄会 
すみれ保育園
〒370-2311
群馬県富岡市下高尾1222-1
TEL.0274-62-1530
FAX.0274-62-6639
保育所運営、子育て支援拠点事業、一時預かり事業
 
TOPへ戻る