本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

11月10日 ちょっと遅めのハロウィーンパーティ、そして焼いも。

2022-11-10
 今日はお楽しみ盛りだくさん!午前は延期になっていたハロウィーンパーティで、見習い魔女のアッシュとキャシー、それにブラックキャットのミマとマリーがやってきました。子ども達もお化けのお面を被ってバッチリ仮装です。ハロウィーンの挨拶をしたり、自分の仮装したキャラクター名が呼ばれて”Stand up.”で立ったり自然に英語遊びに親しむこともできました。見習いたちは先生魔女に試練を与えられ、ミマキャットがFreezeの呪文で固まってしまったときはびっくり!でも、みんながtouchの呪文で手伝ってくれて無事救出に成功。それから ”Open Sesame”の呪文で魔法の杖を開いたり、マジックディッシュでお土産を出したり(キャシーが間違えて、グリーンモンスターを出しちゃったけどね)、楽しい時間が過ぎました。
 そして最後は、トリックオアトリートの時間。小さい子からかぼちゃクッキーのお土産をもらうことができました。4・5歳の子は、1人ずつ”Trick or treat!”を魔女たちに言ってクッキーをもらいました。(昨日4・5歳の子ども達がジャコランタンの顔を成形してくれてものです)かわいくて美味しく、顔の出来を見せ合いながら美味しく頂きました。
 
 そして、3時のおやつは園で収穫したお芋の焼き芋
 ハロウィーンパーティのウラで、実は先生たちがお芋を焼いていたのです。
 今年のお芋はお芋自体が甘かったのか、焼き方が上手かったのか、ものすご~~~~~く甘い焼いもができました。本当に。
 事務室におかわりがあることを知っていたひまわり組の子たちが「おかわりくださいっ!!」と何度も駆け込んでくるもので、「そんなに大丈夫なの?」ときくと「まだいける!」という返事が。美味しいものに目がないのは子ども達も同じですね。
 皆さん、お芋を焼くときは遠火で焦がさないようにじっくり焼くとトロトロで甘い焼いもになりますよ。1時間半くらいがいいようです。園は炭火で焼きましたが、オーブンなどでも焼けますね。ぜひチャレンジしてみて下さいね。

崇台山に登ったよ! 11月9日(水)4歳児さくら組

2022-11-09
今日は、秋の野山の景色を楽しみながら昼食をとる企画で「おにぎりの日」で、子ども達も楽しみに登園して来ました。給食の先生におかずを用意してもらい各々お弁箱に詰めて出発です。散歩日和で行きは子ども達も「まつぼっくり」の歌を歌ったり楽しく足取りも軽やかでした。「蝶々や石や花も応援しているよ。」となんとも可愛らしい言葉を発する子ども達に思わず勇気をもらいました。頂上に着く前に山登りに来ていたおじさんに会うと進んで挨拶する子ども達がとっても誇らしかったです。シートを広げてお昼にすると、待ってましたとばかりにお家の人が作って下さったおにぎりをほおばる子ども達、黙々と食べる顔には笑顔が自然とこぼれておいしさが充分伝わって来ました。頂上ではシャボン玉で遊んだり鬼ごっこをして楽しめました。どんぐりも拾って袋に詰めて満足顔で帰って来ました。やはり帰りは疲れた様子も見られましたが、下り坂だったのでみんな最後までがんばって歩く事が出来ました。  さくら組さんまた一つ経験し、楽しい思い出が出来ましたね.。 
 初めて「おにぎりの日」を設けましたが、実施出来て本当に良かったと実感しています。保護者の皆さま御協力ありがとうございました。

和太鼓の集い  11月5日(土曜日)

2022-11-07
先日11月5日土曜日、秋晴れの下、「和太鼓の集い」年長児、ママサークル、職員3団体が一同に会して行われました。まずは前座として職員太鼓、各々時間をみつけての少ない練習でしたのでとても緊張してしまいました。「l love」では最後にハートのポーズを作りました。皆さまに愛が届いたでしょうか?
ママサークルはもうプロ級ですね。長い曲をとてもかっこよく披露して下さいました。
年長児のこども達は、自粛等も乗り越えて少ない練習でしたが、自信を持って堂々と発表出来ましたね。お客さんからも「少ない人数なのに元気に声も出ていてまとまっていて一人ひとりが頑張っていてとてもかっこ良かったね。」とお褒めの言葉を頂きました。皆さまのご協力を持ちまして無事終了出来ました。大変お世話になりありがとうございました。

11月7日(月)さつまいも掘り楽しかったね。

2022-11-07
6月にさつま芋の苗を植えてから4か月経ちました。子ども達は、いつになったら掘れるかな〜とずっと芋掘りを楽しみにしていました。今日ようやく芋掘りが出来るので朝からみんな楽しみに登園する事が出来ました。子ども達は、土の感触を心地よく感じると同時に「土の匂いってなんだかほっこりするね」と話す子ども達に思わず感動しました。シャベルで周りを掘ってもらいさつま芋が出てきた時には歓声があちこちであがっていました。沢山の大きなお芋が掘れて大喜びの子ども達。さつま芋のお土産も出来ました。10日の焼き芋で食べるのが待ち遠しいですね。

10月28日 出張サイエンス・ラボ レポート

2022-11-02
たんぽぽ組
ちゅうりっぷ組
ひまわり組
つくし組
さくら組
先週、科学研究所(仮)から博士がやってきました(という設定で出張ラボを行いました(笑))。博士は、先生たちのエプロンをリメイクして作ったラボスーツ着用で登場です!SDGsについて子ども達に伝えるのも大切だと考え、身近なところからアクションを起こしているとのこと。

今回はコマがテーマで、未満児クラスではよく回る色々な種類のコマを博士が紹介。子ども達は回してもらったコマを、皆興味津々で見つめていました。回転盤に模様のあるコマはプレゼント。自分で回せる子はちょっと回すことができました。色の不思議を楽しむとともに、軸をつまんで回す動作は低年齢児にとってよい指先の運動にもなります。昔ながらのおもちゃ、なかなかよいものです。

3歳以上のクラスでは、博士がよりよく回るコマについて質問をしました。軸は長いのと短いの、どっちがいい?回転盤は上と下、どっちについていたほうがいい?回転盤は内側と外側、どっちが重い方がいい?子ども達は質問されると、ジツニオモシロイ答えを博士に返していて、博士も感心していました。その上で、大きい子は自分たちでよく回るコマを作ってみました。回転盤の模様も自分で選んで、軸の位置を決めて、よく回るコマが作れたかな?

科学に関心を持つとともに、なぜ?どうして?と、自分なりに考えてみる。とても大切なことです。子ども達が考えるきっかけを、これからもたくさん作っていきたいと思います。
幼保連携型認定こども園
おのすみれ

〒370-2311
群馬県富岡市下高尾1222-1
TEL.0274-62-1530
FAX.0274-62-6639
認定こども園運営(子育て支援集いの広場事業実施)、一時預かり事業
 
TOPへ戻る